日本刀のTAISEIDO

HOME | 刀、太刀 | 商品詳細 | 特別保存刀剣『備前介藤原宗次』

特別保存刀剣備前介藤原宗次 明治元年九月日

刀剣種別 『刀・katana』
銘 『備前介藤原宗次 明治元年九月日』
『Bizen no suke fujiwara MUNETSUGU, Meiji 1 nen 9 gatsu hi』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『明治元年』 Production age 『1868』
刀剣 位列『新々刀上々作』
 
 
 固山宗次は新々刀備前伝の名手であり、稀代の名工「清麿」と並び備前伝刀工中の第一人者である。享和三年奥州白河に生まれ、俗名を宗兵衛(惣兵衛)といい、一専斎・精良斎と号し、兄に宗平・宗俊がいる。彼の師は加藤綱英と伝えられているが、その作風から勘案すれば、むしろ弟の加藤綱俊の影響力が大きいと思われる。初めは白河松平家の抱え工であったが、藩が加州桑名へ移封後は、江戸に住して桑名藩工として作刀した。その居住地は麻布永坂という。弘化二年に備前介を受領している。彼の作刀期間は文政の後半から明治初年の頃までにわたっており、その作風は一貫して備前伝であり、地鉄の良く詰んだ綺麗な鍛に、匂勝ちの丁字乱れを焼いて成功している。
本作は宗次最晩年の最も成熟した年代の作品である。丁字乱れに拳型風の丁字・蛙子風の丁字・角ばる刃・互の目など多彩な刃が交り、足長くよく入り、匂口は柔らかく小沸が付くなどの出来口を見せている。常にも増して華やかな丁字主張の乱れ刃に仕上げており、匂口は明るく冴えている点が特筆される。同工の本領が十分に発揮された同作中の優品であり、地刃共に健全である事も好ましい。
 
『形状』鎬造、庵棟、反り尋常で健全、中峰。
『鍛』小板目肌よく練れて見事に詰み、地沸細かによくつき、肌潤う。
『刃文』備前伝、腰開きの互の目丁字乱、尖刃・飛び焼き・拳型丁字風交り、葉・足良く入る匂出来小沸付、刃明るく冴える。
『帽子』乱れ込んで先小丸深く返る。
『茎』生ぶ、鑢目切り、丸棟、小尻入山形、目釘穴一。
『附』白鞘
『寸法(Size)』

長さ(Blade length)68.8cm、反り(Sori)1.5cm、
元幅(Width of moto)3.2cm、先幅(Width of saki)2.2cm、
元重(Thickness of moto)0.8cm 先重(Thickness of saki)0.5cm

価格 ¥2,200,000- (税込価格 -Tax-included price- ¥2,420,000)

 
 
 

ご注文・お問い合わせ

日本刀は実際にご覧いただいてからのご購入を強くおすすめしております。

 
  
(営業時間 年中無休 12:00-19:00、年末年始除く)
仕入れ、買い出し、営業の為に、月の半分は出張の為外出しております。
留守番電話になっておりますので、お名前・ご連絡先・ご用件をお入れください。
 
メールでのお問い合わせ・ご注文は、こちらからお進みください。
(メールが自動的に立ち上がらない場合は、直接アドレスをご入力ください。

HOME | 刀、太刀 | 商品詳細 | 特別保存刀剣『備前介藤原宗次』

gtag('config', 'UA-63233901-1');