日本刀のTAISEIDO

HOME | 刀、太刀 | 商品詳細 | 特別保存刀剣『作陽幕下士細川正義造 天保十五甲辰年仲秋』

特別保存刀剣
『作陽幕下士細川正義造(刻印)天保十五甲辰年仲秋』
黒呂色塗狛犬蒔絵鞘打刀拵 素銅牡丹獅子色絵赤銅魚子縁頭 赤銅磨地献上鐔

 
刀剣種別 『刀』 Katana
銘 『作陽幕下士細川正義造(刻印)天保十五甲辰年仲秋』 
sakuyou bakkashi HOSOKAWA MASAYOSHI tempo15nen kinoetatsu nen cyuushu
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『天保15年』 Production age 『AD1845』
 
 細川正義は主税佐と称し、水心子正秀の門に入り、初め正方、さらに守秀と銘し、後に正秀と改めている。作州津山藩主松平家の抱え工となり、江戸に多く住して鍛刀生活を送り、安政五年に歿している。彼は師正秀の研究理論を実践した刀工であり、一門中の事実上の後継者であり、大慶直胤と双璧である。作風は大別して備前伝と相州伝があり、備前伝に優れたものが多い。
この刀は小板目の詰んだ鍛えに大肌が交じり、小丁字乱れに重花丁字風や小互の目などが交じった刃を焼き、上品ながらも華やかに乱れ、足長くさかんに入り、葉を交え、匂やや深く、小沸がよくつき、砂流しがかかるなど出来口を示している。彼の備前伝の代表的な一口で、得意の丁字乱れを巧みに焼いており、小模様ながらも重花丁字の交じった華やかな様は、『新刀銘集録』にいう『丁字乱れは八重桜の如く重なり』と形容するとおりであり、同工の本領を遺憾無く発揮している。また、丁子の頭が角ばり気味となったり、焼頭が押し合う様に密着するなども、この工の手癖が窺える。健全で長寸の姿も好ましく、地刃に破綻が見られないなど、正義会心の作である。
『形状』鎬造、庵棟、長寸、鎬高め、重ね厚く、踏張りごころがあり、反り深い。
『鍛』小板目肌つみ大板目肌交じり、地沸微塵に厚くつき、地景細かに入る。
『刃文』小丁字乱れに重花丁字・小互の目などが交じり華やかであり、足長くさかんに入り、葉を交え、匂やや深く、小沸よく付き、砂流しかかる。
『帽子』焼き高く乱れ込み、沸深く、地蔵風に小丸に返る。
『茎』生ぶ、先僅かに刃上がりごころの栗尻、鑢目大筋違いに化粧つく、目釘孔一。
『附』白鞘

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)72.7cm、反り(Sori)1.7cm、
元幅(Width of moto)3cm、先幅(Width of saki)1.9cm、
元重(Thickness of moto)0.8cm 先重(Thickness of saki)0.55cm

価格 ¥2.700,000- (税込価格 ¥2,920,000)※消費税率変更後は価格が変わります。  <price 2,920,000yen>

ご注文・お問い合わせ

日本刀は実際にご覧いただいてからのご購入を強くおすすめしております。

 
  
(営業時間 年中無休 12:00-19:00、年末年始除く)
仕入れ、買い出し、営業の為に、月の半分は出張の為外出しております。
留守番電話になっておりますので、お名前・ご連絡先・ご用件をお入れください。
 
メールでのお問い合わせ・ご注文は、こちらからお進みください。
(メールが自動的に立ち上がらない場合は、直接アドレスをご入力ください。

HOME | 刀、太刀 | 商品詳細 | 特別保存刀剣『作陽幕下士細川正義造 天保十五甲辰年仲秋』