日本刀のTAISEIDO

HOME | 刀、太刀 | 商品詳細 | 特別保存刀剣『備前家守(長船家守)』

特別保存刀剣
『備前家守(長船家守)』

 
刀剣種別 『刀』 Katana
無銘 『備前家守(長船家守)』 bizen osafune IEMORI
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『南北朝中期 分和頃』 Production age 『AD1352』
大業物

 備前家守・長船家守は、同名数代おり、名鑑によれば初代を鎌倉末期の畠田派としている。同名を継承しているが、南北朝初期(元徳)からのものを初代、南北朝中期(延文〜永和)のものを二代、南北朝末期(康暦)から室町期(応永末年)のものを三代とされている。初代は畠田派とされ、福岡一文字系と伝う。二代以降は小反り派に分類される。一般的に家守といえば室町期の三代小反りのものが多く、小反り備前派中もっとも名高く大業物にランクされるが、初代・二代の作は比較的稀である。小反りとは、南北朝後期から室町初期において、兼光・元重・長義・大宮などの一派に属さない刀工を一握りにした呼称であり、総体に小模様であることが多い。
 この刀は備前家守(長船家守)の無銘作である。本間順治博士により時代は南北朝中期の(文和)とされており、二代を(延文)からとするのであれば、初代家守であり、畠田派という事になる。鍛えは板目によく詰んで肌潤い、地沸が微塵によくつき、地斑を交え地景がよく入り、乱れ映りが鮮明に立ち、刃文は焼高く大互の目に腰開きの互の目丁字・飛び焼き等が交じり、足・葉入り、金筋・砂流し頻りにかかり、小沸がよくつくなどの出来口を示している。大模様で華やかに乱れ乱れ映りがたつ様は、一見福岡一文字を彷彿とさせ、初代とした本間順治博士の極めは首肯される。同工極めの中でも焼に高低がが目立ち覇気がある。出来が優れており、白眉の一振りである。

『形状』鎬造、庵棟、身幅広く・重ね反り共に尋常、中鋒。
『鍛』板目総じてよく詰み、地沸つき、地景入り、乱れ映り鮮明に立つ。
『刃文』焼高く大互の目に腰開きの互の目丁字・飛び焼き等が交じり、大模様に華やかに乱れ、足・葉繁く入り、金筋・砂流し頻りにかかり、匂口明るい。
『帽子』焼き高く乱れ込み、先小丸に浅く返る。
『茎』大磨上、先浅い栗尻、鑢目切り、目釘孔三。
『彫』表裏に棒樋掻き流す。
『附』白鞘

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)69.2cm、反り(Sori)1.6cm、
元幅(Width of moto)3cm、先幅(Width of saki)2.2cm、
元重(Thickness of moto)0.7cm 先重(Thickness of saki)0.5cm

価格 ¥1,600,000- (税込価格 ¥1,730,000)※消費税率変更後は価格が変わります。  <price 1.730,000yen>

ご注文・お問い合わせ

日本刀は実際にご覧いただいてからのご購入を強くおすすめしております。

 
  
(営業時間 年中無休 12:00-19:00、年末年始除く)
仕入れ、買い出し、営業の為に、月の半分は出張の為外出しております。
留守番電話になっておりますので、お名前・ご連絡先・ご用件をお入れください。
 
メールでのお問い合わせ・ご注文は、こちらからお進みください。
(メールが自動的に立ち上がらない場合は、直接アドレスをご入力ください。

HOME | 刀、太刀 | 商品詳細 | 特別保存刀剣『備前家守(長船家守)』