バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 199 吉岡一文字 |

更新日 2018-05-30 | 作成日 2008-07-02

重要刀剣『吉岡 一文字

刀剣種別 『刀』  『Katana』
無銘 『吉岡一文字』
『YOSHIOKA ICHIMONJI』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 重要 刀剣』 NBTHK 『Jyuyo Paper』
時代『鎌倉末期頃』 Production age 『AD1290〜 』

ご成約済です ありがとうございました(sold out)

 吉岡一文字派は、助光・助吉・助茂・助次・助義らによって代表され、それまでの福岡一文字派に替わって鎌倉時代末期から南北朝期にかけて繁栄した。作風は福岡一文字派に近似した大模様で華やかな丁字乱れの出来口も間々見られるが、丁字乱れの中に互の目が目立って小出来となるものが多く、他に直刃調に丁字や互の目が交じるもの、直刃に足の入る穏やかなものなどがあり、時には逆がかるものがある。
 この刀は、小板目肌詰んだ鍛えに、乱れ映りが立ち、刃文は丁字を主調に互の目・尖刃等が交じり、足・葉が入り、匂勝ちに小沸がつくなどの作柄で、しかも焼きにあまり出入りが見られず、やや小模様の態も見せており、吉岡一文字の特色が窺える。同派極めの優品で、焼刃は健体であり、加えて肉置が豊かであることも好ましい。
 吉岡の作の中でも最も華やかな出来の部類であり、特に下半は焼が一段と高く華やかに乱れる。重要指定品の同派極めの作品が比較的地味なものが多い中、福岡一文字に勝るほどの華やかさを呈し、白眉の作である。


『形状』鎬造、庵棟、身幅尋常、反りやや深くつき、中鋒。
『鍛』小板目肌詰み、流れ肌交じり、地沸細かにつき、乱れ映り立つ。
『刃文』丁字を主張に互の目・尖刃など交じり、やや小模様に乱れ、足・葉入り、匂勝ちに小沸つき、金筋・砂流し少しかかる。
『帽子』乱れ込み、大丸ごころに返る。
『茎』大磨上、先切り、鑢目勝手下がり、目釘孔三、無銘。
『附』白鞘
『はばき』金無垢二重

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)68.7cm、反り(Sori)1.6cm、
元幅(Width of moto)3.0cm、先幅(Width of saki)2.0cm、鋒長さ3.0cm、
元重(Thickness of moto)0.8cm 先重(Thickness of saki)0.45cm

2.jpg

5.jpg

4.jpg

3.jpg