バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 188 応永信国 |

更新日 2017-04-24 | 作成日 2008-07-02

特別保存刀剣『応永信国(左衛門尉信国)

刀剣種別 『太刀』  『Tachi』
無銘 『応永 信国(左衛門尉)』
『NOBUKUNI』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『応永』 Production age 『1394〜』
古刀位列『上作』
切味位列『業物』

価格 99万円 インターネット特別価格です (990,000yen)

信国は京鍛冶の名門で、南北朝時代から室町時代にかけて華やかな繁栄を見た。初代信国は了戒系の刀工で、相州貞宗の門に学ぶと伝え、延文・康安・貞治の年期作がある。その後も南北朝時代末期に代替わりの信国がおり、さらに室町時代初期、殊に応永期の信国の中では、左衛門尉信国と、式部丞信国の両工が代表者で、ともに応永年期をきるところから『応永信国』と呼ばれて高く評価されている。信国初代の作風は京物の伝統を示した直刃と貞宗風を承けた湾れ刃に二様が主であったが、南北朝末期の代替わりの信国から応永信国にかけては上記の作風のほかに、互の目調の乱れ刃の作風が新たに加わる。本作はその得意の互の目調の乱れ刃を見せた『左衛門尉信国』の典型作であり、刃文は互の目が目立って尖刃を交え、互の目を二個連ねて矢筈風となるところもあり、左衛門尉の特徴が看取される。姿は生ぶ茎の太刀姿で、身幅尋常にして重ねが厚く、反り高めにつき、地刃共に健全であり出来が良い。

『形状』鎬造、庵棟、身幅ほぼ尋常、反り深く、中峰。
『鍛』小板目肌よく練れて詰み、地沸つき、地景細かに入る。
『刃文』互の目乱れに小湾れごころの刃、小乱れに尖刃・角がかる刃が複雑に交じり、足・葉しきりに入り、小沸つき、砂流しかかり、匂口明るい。
『帽子』湾れごころに先やや弱く沸崩れる。
『茎』生ぶ、先深い栗尻、目釘孔三内二埋、無銘。
『彫』表裏に棒樋掻流す。
『附』白鞘

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)68.8cm、反り(Sori)2.4cm、
元幅(Width of moto)3.1cm、先幅(Width of saki)1.9cm、
元重(Thickness of moto)0.8cm 先重(Thickness of saki)0.5cm

日本刀 応永信国.jpg

5.jpg

3.jpg

4.jpg

8.jpg