バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 186 来国行 |

更新日 2017-11-25 | 作成日 2008-07-02

重要刀剣『来国行』来派祖

刀剣種別 『刀』  『katana』
無銘 『来国行』
『RAI KUNIYUKI』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 重要 刀剣』 NBTHK 『Jyuyo Paper』
時代『鎌倉時代中期』 Production age 『AD1256』
古刀位列『最上作』

ご成約済です ありがとうございました(sold out)

鎌倉時代は日本刀の黄金時代である。中でも備前国と山城国には多くの名人上手が出て、特色ある作風をあらわした。山城鍛冶は粟田口派と来派に大別されるが、来派は鎌倉時代の中期から南北朝期にかけて繁栄している。来派の祖として国吉の名をあげることもあるが、国吉有銘の作品は全く現存しない。国行は来太郎といい、来派の事実上の祖である。短刀の確実な遺例は僅かに一口のみであるが、太刀の有銘作は比較的多い。国行の作刀は製作年紀を添えたものは皆無で、その子である二字国俊に弘安元年紀の太刀がることから、通説の康元頃という年代は妥当である。彼の太刀姿は、細身・尋常なもの・身幅がたっぷりとして豪壮なものなど種々見られる。
 この太刀は大磨上無名であるが、やや細身で鎬高く、いまなお輪反りの深い気品ある姿態を呈している。地は精美な板目で地沸を厚く敷き、山城ものの特徴である沸映り立ち、刃文は広直ぐ調に小丁字・小互の目・角張る刃・雁股風の刃などを交えて複雑に乱れ、京逆足となり、乱れの頭に小さな焼や湯走りがかり、総じて刃沸がよくついている。これらの出来口はさながら重要美術品の『榊原国行』と号する在銘の太刀を想起させるものがある。地刃健やかで同作中随一の傑出である。

『形状』鎬造、庵棟、身幅やや細身、鎬筋高く、反り深く、輪反り風つき、中峰。
『鍛』小板目肌つみ、精美にして、地沸微塵に厚くつき、細かな地景入り、淡めに沸映り立つ。
『刃文』広直ぐ調に小丁字を主に小互の目・角張る刃・雁股風の刃・小乱れごころなど交じり、細かに複雑に乱れて変化あり、所々乱れの頭にさらに小さな焼や湯走りのかかるところがみられ、総じて足・葉よく入り、京逆足を交え、匂深めに小沸厚くつき、砂流し・金筋かかる。
『帽子』指表は浅くのたれて尖りごころに僅かに返り、裏は直ぐごころに小丸に僅かに返り、ともにこの部分匂一段と深い。
『茎』大磨上、先切り、鑢目(旧)筋違・(新)勝手下がり、目釘孔三個、無銘。
『附』白鞘

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)68.3cm、反り(Sori)1.8cm、
元幅(Width of moto)2.65cm、先幅(Width of saki)1.9cm、
元重(Thickness of moto)0.7cm 先重(Thickness of saki)0.5cm

日本刀 来国行.jpg