特別保存刀剣『近江守高木住助直』

バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 179 近江守高木住助直 |

更新日 2017-11-25 | 作成日 2008-07-02

特別保存刀剣『近江守高木住助直』

刀剣種別 『刀』  『katana』
銘 『近江守高木住助直』
『Oumi no kami Takagi jyu SUKENAO 』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『延宝五年頃』 Production age 『AD1677』
刀剣 新刀位列『上々作』 
刀剣 切味位列『良業物』

ご成約済です ありがとうございました(sold out)

近江守助直は、寛永十六年に近江国高木に生まれ、通称を孫太郎と言い、津田助広(二代)の門に学び、後にその妹婿になると伝えている。成業後、近江国高木に帰ったが、師の助広が天和二年に歿したため、その後は大阪に常住したようである。彼の作刀にみる年記は、寛文八年が最も古く、元禄六年、彼が五十五歳の時のものが最終である。作風は師、助広の創始した濤瀾乱れをよく継承しているが、他に互の目乱れや直刃などがあり、そのいずれもが上手で、一般に匂いが深く、小沸がよくつき、匂口が明るく冴えるもので、中には助広に迫る作もある。
この刀は、小板目肌が最も良く詰んだ鍛えに、地沸が微塵に厚くつき、地景が細かによく入り、刃文は直刃の大阪焼出しに、両面とも波飛沫を表現した小さな飛焼状の玉を焼き、その上は起伏に富んだ大互の目乱れに小湾れ・互の目・尖りごころの刃・小互の目等が交じり濤瀾風となり、足が太く頻りに入り、匂深で、小沸が厚くつき、金筋・砂流かかり、匂口が明るいなど、彼が最も得意とし出来口をあらわしている。焼幅を広めに取って華やかに乱れた濤瀾風の乱れ刃で、しかも濤瀾の刃の形がよい。常にも増して、匂が一段と深く、表裏の物打あたりは一段と小沸が厚くつなど、覇気に溢れており、地刃の働きも上々である。小板目肌が最もよく詰んだ鍛えは清良で一際優れており、地刃共に明るく冴えている点と併せて特筆される。同作中の優品である。

『形状』鎬造、庵棟、身幅広く、元先に幅差つき、踏ん張りごころあり、反り浅めにつき、中鋒つまる。
『鍛』小板目肌よくつみ、地沸微塵に厚くつき、地景細かに入り、かね冴える。
『刃文』直調大阪焼出しに玉を焼き、その上は大互の目乱れ焼幅高い濤乱風となり、尖りごころの刃を交え、足太くよく入り、匂深く、小沸厚く、金筋入り、総体に砂流しかかり、匂口明るく冴える。
『帽子』直ぐに先小丸に深く返り、先少し掃きかける。
『茎』生ぶ茎、先入山形、鑢目大筋違いに化粧つく、目釘孔一。
『彫』表裏に棒樋を丸留にする。
『附』白鞘、拵

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)70.cm、反り(Sori)1.2cm、
元幅(Width of moto)3.2cm、先幅(Width of saki)2.1cm、
元重(Thickness of moto)0.65cm 先重(Thickness of saki)0.4cm

日本刀 助直.jpg