特別保存刀剣『肥前国住近江大掾藤原忠広』

バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 172 肥前国住近江大掾藤原忠広 |

更新日 2018-05-30 | 作成日 2008-07-02

特別保存刀剣肥前国住近江大掾藤原忠広

刀剣種別 『刀』  『katana』
銘 『肥前国近江大掾藤原忠広』
『Hizen koku jyu Oumidaijyou Fujiwara TADAHIRO 』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『承応〜明暦頃』 Production age 『AD1652〜』
新刀位列『新刀上々作』
切味位列『大業物』

ご成約済です ありがとうございました(sold out)

この作品は、地鉄は小杢目が美しく詰み、肥前随一の精美さである。元々直刃の匂沸の働きに勝れたものが多く、乱れ刃は初代に劣ると古書にはあるがむしろ逆である。近江大掾忠広の乱れ刃は、直刃に比べて数は少ないが上手であり、独特な乱れ刃がある。焼の谷が沸匂深く、山は丸く締って、その中に小沸が島にになってつくアブの目乱れであり、この作品がまさにその典型作である。茎の鎬高く幅狭く反り少なく茎尻尖って急なものに出来が良いのは、本工の打盛りを示すものと言われる。この作品は忠広の本領を発揮した、最盛期の傑作の一口である。

『形状』鎬造、庵棟、反り浅めで、中鋒、姿豪壮。
『鍛』小杢目鍛よく練れて美しく詰み、地沸付く。
『刃文』互の目乱れ、焼の谷が沸匂深く砂流し細かに入り、互の目山は丸く締って、その中に小沸が島にになってつき、近江大掾独特のアブの目乱れになる。
『帽子』直調わずかに湾れて、先小丸に品よく返る。
『茎』生ぶ、鑢荒めに横切り、小尻剣形、目釘孔一。
『附』白鞘

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)75.8cm、反り(Sori)0.9cm、
元幅(Width of moto)3.2cm、先幅(Width of saki)2.1cm、
元重(Thickness of moto)0.7cm 先重(Thickness of saki)0.5cm

日本刀 肥前国近江大掾藤原忠広.jpg