特別保存刀剣『大和志津』金梨子地黒雲間龍図蒔絵鞘拵

バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 162 大和志津 |

更新日 2018-08-01 | 作成日 2008-07-02

特別保存刀剣『大和志津兼氏(和州包氏)』金梨子地黒雲間龍図蒔絵鞘拵

刀剣種別 『刀』  『katana』
無銘 『大和志津兼氏(和州包氏)』
『Yamato Shizu KANEUJI』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『南北朝期 延文頃』 Production age 『AD1356』
古刀位列『最上作』

ご成約済です ありがとうございました(sold out)

大和志津兼氏(和州包氏)は鎌倉末期から南北朝時代、志津三郎兼氏が美濃国に移住する以前、大和国に移住していた頃の作を指す。兼氏は志津三郎と号し、本国大和(和州)手掻、初銘包氏と銘ず、鎌倉末期頃に大和より美濃に移住して兼氏と改む。家伝では始め野上にて鍛刀、建武二年に多芸群志津に移住、志津三郎と伝う。相州正宗の門と伝えるが在銘作には正宗門人説を首肯すべき作がみあたらず、無銘の極め物には、正宗との関連を示す作ありと伝う。初銘包氏と鑑せられる在銘も未見であり、無銘にてそれらしきものを「大和志津」と極めている。作は大和伝の特質がよく現れた、柾目交りの板目肌に、焼の低い湾れ調の相州伝を特徴とする。
本作は大和志津兼氏の作である。南北朝期延文頃の年代に作られたものと思われ、相州伝に大和伝が加わりて、変化に富んだ沸出来の傑作刀である。正宗十哲の一人という説は現代では疑わしいが、その出来は無銘正宗とされるものの特徴をも表わし、特に出来が良い。

『形状』鎬造、庵棟、中峰伸びごころ。
『鍛』板目肌鍛よく練れて処々大肌肌立ち柾に流れ、細かな地景入り肌潤う。
『刃文』小湾れ調に乱れ、砂流し金線幾重にも太く交え、二重刃飛焼きしきりにかかり明るく冴える。
『帽子』厚く掃き掛け先火焰のごとし。
『茎』大摺上げ、鑢勝手下がり、目釘孔四。
『附』白鞘、金梨子地黒雲間龍図蒔絵鞘拵

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)71.2cm、反り(Sori)1.4cm、
元幅(Width of moto)3cm、先幅(Width of saki)2.1cm、
元重(Thickness of moto)0.7cm 先重(Thickness of saki)0.45cm

日本刀 大和志津.jpg