特別保存刀剣『井上和泉守国貞(菊紋)寛文元年八月日』井上真改

バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 157 井上和泉守国貞 |

更新日 2018-08-01 | 作成日 2008-07-02

特別保存刀剣 井上真改
『井上和泉守国貞(菊紋)寛文元年八月日』

刀剣種別 『刀』  『katana』
銘 『井上和泉守国貞(菊紋)寛文元年八月日』
Inoue SHINKAI『Inoue izumi no kami KUNISADA(Kikumon), Kanbun 8nen 8gatuhi』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『寛文元年』 Production age 『AD1661』
新刀位列『新刀最上作』

ご成約済です ありがとうございました(sold out)

二代国貞『井上真改』は、新刀西の横綱と称され津田越前守助広とともに大坂新刀の双璧をなす。彼は世に『大阪正宗』と俗称されている程父に勝る名工で、匂深く、匂口が冴え、沸が厚くついて見事であり、晩年にはやや荒沸もある。特に匂口の冴えた沸の美しさは新刀鍛冶中屈指であり、同国の津田越前守助広や、新刀東の横綱である長曽祢乕徹と並びその技量を高く評価される。初代和泉守国貞の次男で、初め父同様『和泉守国貞』と銘し、万治4年に朝廷より菊紋をきることを許され、寛文十二年八月より真改と名を改めた。本作は真改の30歳の作品である。地鉄は小板目肌つみ地沸微塵に厚くつき、刃は匂が深く匂口が一層明るく冴える点に真改の特色が窺える。砂流しが細かにかかるなどその出来は覇気に満ち、出来の良い真改渾身の一口である。

『形状』鎬造、庵棟、中峰。
『鍛』小板目よく練れて詰み、地沸こまかくつき、地景入りる。
『刃文』大阪焼出し、浅く湾れて互の目・丁字を交え、匂深く小沸よくつき、足入り、砂流し細かにかかり、刃明るく冴える。
『帽子』直調に浅く乱れ込み、先激しく掃掛ける。
『茎』生ぶ、目釘孔一。

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)63.3cm、反り(Sori)1.3cm、
元幅(Width of moto)3.1cm、先幅(Width of saki)2cm、
元重(Thickness of moto)0.8cm 先重(Thickness of saki)0.4cm

日本刀 井上和泉守国貞.jpg