バナー大(ロゴ小).psd

更新日 2018-08-01 | 作成日 2008-07-02

保存刀剣『金房』

刀剣種別 『刀』  『katana』
無銘 『金房』
『KANABO』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 保存 刀剣』 NBTHK 『Hozon Paper』
時代『室町時代中期』 Production age 『1500〜』

ご成約済です ありがとうございました(sold out)

金房派は南北朝末期から始まり室町期に隆盛を見た一派である。戦国時代の大和興福寺門前の子守郷(現在の奈良市本子守町)に住し、兵衛尉政次や隼人丞正實らが有名である。金房派の刀は元幅広く先までの幅差少なく、南北朝期の豪壮な体配を連想させるものも多い。質実剛健で覇気に満ちた作風で、武将の厚い支持を得ていたであろう。
この刀は身幅広く、大鋒延びごころの南北朝の体配を思わせる力強い姿である。直刃調の刃文は沸深く乱れ、小足・葉盛んに入り古雅な魅力にな溢れる。大和物の魅力に溢れ、楽しめる一振となっている。

『形状』鎬造、庵棟、幅広く、大峰。
『鍛』板目肌処々肌立ちごころに大肌となり、地景入り、肌潤う。
『刃文』直調に乱れ、小沸深く、葉・足入り、上は直調小乱れ小足入り、小沸付き、刃明るく冴える。
『帽子』乱れ込んで小丸返る。
『茎』大磨上、目釘孔三。
『彫』表二本樋掻流し、裏棒樋掻流し

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)68cm、反り(Sori)2cm、
元幅(Width of moto)3.2cm、先幅(Width of saki)2.6cm、
元重(Thickness of moto)0.7cm 先重(Thickness of saki)0.6cm

日本刀 金房.jpg