特別保存刀剣 『河内守国助(二代・中河内)』

バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 153 河内守国助 |

更新日 2018-08-01 | 作成日 2008-07-02

特別保存刀剣『河内守国助(二代・中河内)

刀剣種別 『刀』  『katana』
銘 『河内守国助』
『Kawachi no kami KUNISUKE』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『万治頃』 Production age 『1658〜』
新刀位列『新刀上作』 切味位列『業物』

ご成約済です ありがとうございました(sold out)

二代河内守国助は、初代国助の子。中河内と呼ばれ、その華麗な刃文から新刀一文字と呼ばれる。慶安から元禄にいたる間の作刀があり、刃文は匂出来の拳形丁字を得意としており。焼出し直刃で焼き出す。大阪新刀きっての名工である。
本作は二代中河内の名品である。中河内得意の拳形丁字を焼き、まさに大阪新刀絢爛豪華な作風を示している。通常焼出しが直刃になるのが常であるが、本作は浅く湾れた焼出しとなり、処々荒沸付き、金線が稲妻のごとく入るところも好ましい。ほぼ表裏を揃えて焼いており、技量の高さが垣間見れる出来である。

『形状』鎬造、庵棟、反り浅め、平肉豊につき、中峰。
『鍛』小板目肌よく練れて美しく詰み、地肌沸え、肌潤う。
『刃文』小湾れに焼出し、丁字乱れ焼高く拳形丁字となり、中程で沸崩れ、処々荒沸付き、足よく入り、小沸深く、砂流し金線入り、刃明るく冴える。
『帽子』直先、小丸返る。
『茎』生ぶ、角棟小尻山形、鑢目化粧筋違、目釘孔1。
『附』白鞘

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)74.8cm、反り(Sori)0.9cm、
元幅(Width of moto)2.9cm、先幅(Width of saki)2cm、
元重(Thickness of moto)0.75cm 先重(Thickness of saki)0.5cm

日本刀 河内守国助.jpg