特別保存刀剣『一竿子忠綱』

バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 148 一竿子忠綱 |

更新日 2018-08-01 | 作成日 2008-07-02

特別保存刀剣『一竿子忠綱

刀剣種別 『刀』  『katana』
銘 『一竿子忠綱』
『Ikkanshi TADATUNA』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『元禄十二年頃』 Production age 『AD1699』
新刀位列『新刀上々作』 切味位列『良業物』

ご成約済です ありがとうございました(sold out)

一竿子忠綱(粟田口近江守忠綱)浅井万太郎。延宝頃に近江守を受領、合勝軒、一竿子と号す。刀剣 切味位列においては良業物、刀剣 新刀位列においては新刀上々作である。初代近江守忠綱の子で、後に二代目を継ぎ『一竿子』と号した。津田助広・井上真改らと共に大阪新刀を代表する名工である。
本作は同作中異例的に雄勁な姿態を呈し、身幅広く大鋒となり豪壮な姿で迫力がある。地鉄は小板目肌のよくつんだ肌合いに地沸が微塵に厚くつき、小糠の如く透明感があり肌潤い美事である。刃文は一竿子の得意とした大互の目乱れに丁字がかる刃を焼く。焼き高く華やかに乱れ、荒沸と小沸微塵に厚くつき、丁字の頭を貫く様に金筋・砂流しが幾重にもかかり、匂口が明るく冴えた優れた出来映えを示している。まさに一竿子忠綱の力量を十二分に発揮した傑出の作である。

『形状』鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚め、大鋒の豪壮な姿を呈す。
『鍛』小板目肌よく練れて、小糠の如く地景顕れ、地沸厚くつき、肌潤う。
『刃文』元を尖りごころに焼出し、その上は大互の目乱れ、丁字がかる刃と飛焼を交え、焼き高く華やかにして、足揃いて長く入り、匂深く、荒沸小沸厚くつき、金筋・砂流し二重三重に長くかかり、刃明るく冴える。
『帽子』直調湾れ二重刃風に砂流ししきりにかかり、先掃きかけぎみに乱れ込んで返る。
『茎』生ぶ、小尻入山形、鑢目化粧筋違、目釘孔1。

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)71.1cm、反り(Sori)2.5cm、
元幅(Width of moto)3.3cm、先幅(Width of saki)2.4cm、
元重(Thickness of moto)0.8cm 先重(Thickness of saki)0.6cm

日本刀 一竿子忠綱.jpg