特別保存刀剣『綾小路 城州末行』

バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 147 綾小路 城州末行 |

更新日 2018-08-01 | 作成日 2008-07-02

特別保存刀剣『綾小路 城州末行

刀剣種別 『刀』  『katana』
無銘 『城州末行(綾小路)』
『Jousyu SUEYUKI (Ayanokoji)』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『鎌倉時代末期 永仁頃』 Production age 『AD1293〜1299』

ご成約済です ありがとうございました(sold out)

末行はこれまで未詳の部分が多く、銘鑑には綾小路・古備前・千手院・当麻・古青江に同銘を挙げている。本刀については、古備前物に擬する向きもあるが、熟覧するに地刃の出来、就中、焼刃の形状が古備前より乱れの間近く小模様であり、しかも全体に逆京足となり、足も細いなど、一見して京物と鑑せられる出来口を示しており、城州山城・綾小路一派である事が首肯できる。綾小路定利門で、年代を永仁頃(鎌倉時代中期)と伝う。小乱・小丁字・小互の目の間が詰まり小模様に乱れて厚く沸付き総じて古雅な趣を醸す。鎌倉中期の健全な姿を残し、深味といい貫禄といい抜群である。

『形状』鎬造、庵棟、反り高く踏張りつき、中峰。
『鍛』小板目に杢交り、よく練れて詰み、地沸よくつき、細かな地景入り、区際より映りがでて乱れ映りにつながる。
『刃文』小丁字・小乱れ・小互の間が詰まり小模様に乱れて逆足気味になり、足・葉入り、小沸厚くつく。
『帽子』直に沸深く、先掃掛けぎみに小丸返る。
『茎』大磨上、目釘孔一。
『附』白鞘、黒櫚色漆塗鞘打刀拵

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)67.6cm、反り(Sori)2.1cm、
元幅(Width of moto)2.8cm、先幅(Width of saki)1.9cm、
元重(Thickness of moto)0.7cm 先重(Thickness of saki)0.4cm

日本刀 綾小路城州末行.psd