特別保存刀剣『摂州住藤原長綱(聾長綱)』梅花散蒔絵櫚色漆塗鞘打刀拵

バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 145 摂州住藤原長綱 |

更新日 2018-08-01 | 作成日 2008-07-02

特別保存刀剣『摂州住藤原長綱(聾長綱)』梅花散蒔絵櫚色漆塗鞘打刀拵

刀剣種別 『刀』  『katana』
銘 『摂州住藤原長綱』
『Sesyu ju Fujiwara NAGATSUNA』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存 刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『寛文頃』 Production age 『1661〜』
新刀位列『新刀上作』 切味位列『業物』

ご成約済です ありがとうございました(sold out)

長綱は北村市右衛門といい、初代近江守忠綱の門人である。新刀位列で上作、切味位列でも業物にランクされる上位刀工である。初代近江守忠綱門であり、聾(つんぼ)のため自ら聾と添銘するものあり、故に聾長綱と伝わる。作風は師の忠綱に似ているが、忠綱のように焼頭が湾れずに互の目の頭が揃った足長丁字で、丁字足も綺麗に揃っているものが多い。
本作は初代忠綱を髣髴とさせる足が長く入った見事な互の目丁字乱れを破綻無く焼き、砂流しが幾重にもかかるなど刃中よく働いて見事である。

『形状』鎬造、庵棟、重やや厚く、平肉豊につき、中峰。
『鍛』板目肌よく練れて詰む、沸細かつき、地景入り、肌潤い、淡く映りごころあらわれる。
『刃文』直に焼出し、互の目丁字乱れ焼高く,足長く入り、小沸深く、砂流し丁字足を貫き頻りに入り、刃明るく冴える。
『帽子』直に沸深く、先掃掛けぎみに小丸返る。
『茎』生ぶ、生ぶ、小尻栗尻刃上がり、鑢目大筋違、目釘孔二。
『附』白鞘、梅花散蒔絵櫚色漆塗鞘打刀拵

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)66.8cm、反り(Sori)1.4cm、
元幅(Width of moto)2.9cm、先幅(Width of saki)1.9cm、
元重(Thickness of moto)0.65cm 先重(Thickness of saki)0.4cm

日本刀 摂州住藤原長綱.jpg