特別保存刀剣 初代『越前住播磨大掾藤原重高』

バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 140 越前住播磨大掾藤原重高 |

更新日 2018-08-01 | 作成日 2008-07-02

特別保存刀剣 初代『越前住播磨大掾藤原重高』

刀剣種別 『刀』  『katana』
銘 『越前住播磨大掾藤原重高』
『Echizen jyu Harima daijyo Fuziwara SHIGETAKA』
鑑定書『日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣』 NBTHK 『Tokubetsu Hozon Paper』
時代『慶長頃』 Production age 『1625〜』
国 『越前』 Country『Osaka』
日本刀 切味位列『業物』
日本刀 新刀位列『中上作』

初代越前住播磨大掾藤原重高は、新刀期越前を代表する刀工である。新刀鍛冶工系譜に関兼則末葉又は門人とも伝えられる。初・二代は受領ありそれ以下は受領無しと伝う。作風は良く出来た作に肥後大掾等に似るもの又日向大掾貞次等に似る作風のものをよく見る。互の目乱れ直刃等地鉄は板目、小板目の肌立ち心のものが多い。銘字は初・二代とも『越前住播磨大掾藤原重高』を冠して、初代は重高の銘をやや横広に切り、二代は『重』の銘の中の『田』の上空間を縦長に、又『高』の銘字も縦長の形状になる。作刀は、初代は少なく、二代の作が特に多い。
本作は銘の特徴からも初代重高であり、その作品数は少なく希少である。本作の見所は何と言ってもその出来の良さと激しさである。互の目乱れ沸つき匂深く、もの打ちあたりは激しく沸崩れ飛焼を交え大互の目丁字砂流し交り二重刃風となる。本工の最高傑作であり、華やかで出来の良い一口である。

『形状』鎬造、庵棟、身幅広く、反り深く、中鋒伸びる。
『鍛』板目肌よく詰み、地沸・地景入り、かね冴える。
『刃文』互の目乱れ足長く葉頻りに入り沸えて刃中頻りに砂流し交りて働き丁字足良く入る、もの打ちあたりは激しく沸崩れ飛焼を交え大互の目丁字砂流し交り二重刃風となる。
『帽子』直調小乱れ、掃掛けごころに小丸返る
『茎』生ぶ、鑢勝手下がり、栗尻形、孔一個。
『附』白鞘

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)69.8cm、反り(Sori)2.2cm、
元幅(Width of moto)3.2cm、先幅(Width of saki)2.4cm、
元重(Thickness of moto)0.7cm 先重(Thickness of saki)0.55cm

日本刀 越前住播磨大掾藤原重高.jpg