重要刀剣『越後守包貞(坂倉源言之進照包)』

バナー大(ロゴ小).psd

| HOME | 商品一覧 | 太刀、刀、個別画像 | 99 越後守包貞(坂倉源言之進照包) |

更新日 2018-08-01 | 作成日 2008-07-02

重要刀剣『越後守包貞(坂倉源言之進照包)』

日本刀 刀剣種別 『刀』  『katana』
銘 『越後守包貞』  『Echigonokami Kanesada(Sakakura Gonnoshin Terukane)』
日本刀 鑑定書『日本美術刀剣保存協会 重要刀剣』 NBTHK 『Juyo Paper』
時代『江戸期 延宝頃』 Production age 『1673〜』
刀剣 切味位列『大業物』 
刀剣 新刀位列『上々作』

二代包貞は、刀剣 切味位列においては『大業物』、刀剣 新刀位列においては『新刀上々作』にランクされる上位刀工である。初代越後守包貞に学び、その跡目を継ぎ、初め越後守包貞を名乗っていたが、初代の実子に越後守包貞の名を譲り、自らは『坂倉源言之進照包』と銘した。包貞から照包に改銘した時期については、およそ延宝八年頃と思われる。作風は助広に倣った濤瀾乱れや文殊風の互の目乱れなどが多いが、稀に大のたれや直刃の作域も見られ、そのいずれの場合でも、匂深で、沸がよくついた、匂口の明るい作柄となるのが通例である。
この刀は、小板目肌がよく詰んだ鍛えに、地沸が微塵に厚くつき、地景が細かに入り、刃文は直ぐに焼出してその上は大互の目乱れに小のたれ・矢筈風の刃・角がかった刃等が交り濤瀾風となり、足が入り、匂深で、沸が厚くつき、砂流しがかかり、金筋が細かに入り、匂口が明るいなど、二代包貞の最も得意とした濤欄風の大互の目を焼いている。常々この手の作域に比して、沸が強く、荒めの沸も交じる等、些か野趣をおび、焼刃には矢筈風の刃や片山乱れと称する同工独特の刃形が見られ、さらに庵棟が急峻である造込みにも彼の見どころが窺える。また波の飛沫を表現した飛焼状の丸い玉は、濤瀾風の刃文とよく調和しており、興趣がある。大互の目乱れの刃文が大胆で、出来傑作にして迫力のある一口である。

『形状』鎬造、庵棟、棟のおろし急、身幅広め、元先の幅差さまで目立たず、鎬やや高く、踏張りごころがあり、反り浅めにつき、中鋒延びる。
『鍛』小板目によく詰み、地沸微塵に厚くつき、地景細かに入る。
『刃文』直ぐに焼出し、その上は大互の目乱れに小のたれ、矢筈風の刃・角がかった刃など交じり濤瀾風となり、足入り、匂深く、沸厚くつき、部分的に荒めとなり、砂流しかかり、金筋細かに入り、処々飛焼状の丸い玉を焼、匂口明るい。
『帽子』直ぐに小丸に長く返り、先僅かに掃きかける。
『茎』生ぶ(先つまむ)、先入山形、鑢目大筋違に化粧つく、目釘孔二中一埋、指表第一目釘孔(元孔)の下棟寄りに太鏨大振りの五字銘がある。
『附』白鞘、金着二重上ハバキ

『寸法(Size)』
長さ(Blade length)70.7cm、反り(Sori)1.2cm、
元幅(Width of moto)3.16cm、先幅(Width of saki)2.15cm、
元重(Thickness of moto)0.7cm 先重(Thickness of saki)0.54cm

5.jpg